保険会社任せでは駄目?

車での人身事故の被害に遭った場合、治療期間が終わったタイミングで、保険会社が示談金の提示をしてきます。保険会社に任せておけば安心、金額も適正だろうと思うかもしれませんが、示談金の提示を行なってくる保険会社は被害者の入っている会社ではなく加害者が入っている保険会社なのです。また、保険会社は営利企業であるため、示談金として出て行く額が高くなることによる損失は少ないほうがいいと考えています

慰謝料は裁判所、任意保険、自賠責保険の3種類の算定基準があり、金額は裁判所の基準が最高で、自賠責保険の基準が最低です。保険会社による基準は任意保険基準ですが、自賠責保険の基準を参考にして算出されるため、提示される金額は低くなりがちです。このことを知らずに保険会社が提示してくる金額を受け入れてしまうと、大損をすることにもなりかねません。

人身事故の被害者になった場合、保険会社任せでは駄目だということがご理解いただけたのではないでしょうか。では、誰に頼ればいいのかという話になりますが、弁護士に相談するのがおすすめです。別のページでは弁護士に頼るとどういういいことがあるのかを解説させていただきますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。