人身事故の示談とは?

車による人身事故が発生し、人を負傷させたり死亡させたりすると、加害者は民事・刑事・行政上の責任を別々に負う形になります。人身事故での示談というのは、この3種類の責任のうち、民事上の責任を果たすため、加害者が被害者に金銭を支払う行為のことをいいます。民事・刑事・行政上の責任は個別に負うことになると述べましたが、示談によって刑事上や行政上の責任を負わなくても良くなるということではありません。ただし、レオ示談をしていることにより、負傷などさせた相手に対して誠意を見せたという証にはなり、刑事上の責任が軽減されることはあります

なお、人身事故で示談交渉がいったん成立すると、基本的にやり直しはききません。1,000万円で加害者と被害者が同意した場合、あとで金額を高くしたり、安くしたりすることは不可能です。被害者側としてはもっと高額な示談金を受け取ることができたとあとで知っても、示談の時点で後遺症の有無が不明で交渉の対象に入っていなかったような場合は示談金とは別に後遺症に対する補償を求めることはできますが、そうでない場合は泣き寝入りをするしかありません。したがって、示談交渉は後悔することがないよう、慎重に行なわなければいけません

当サイトでは、人身事故の被害に遭った場合、保険会社に任せておけばいいのかということや、弁護士に相談した場合にどういう恩恵を受けることができるのかを解説しています。興味のある方はぜひチェックしてください。