弁護士に相談するのが吉

弁護士に示談の相談をし、依頼するメリットは、提示される金額が低い場合に、裁判所の算定基準額での解決を求めて訴訟を起こすことが可能な点です。任意保険や自賠責保険の算定基準と比較して、2倍以上の金額の差が生じることも少なくありません。弁護士の力を借りる場合と借りない場合で、弁護士介入後には1,000万円近くの差が出たケースもあります。

人身事故の被害に遭った場合に弁護士を介入させるとして、不安に感じるのは弁護士費用に関することではないでしょうか。この点に関してですが、自分が入っている保険に弁護士費用特約が付帯している場合には心配無用です。また、自分の保険にこの特約が付帯していなくても、同居の親族が契約している保険に特約があると、その人の特約が利用可能なこともあるため、チェックしておくと良いでしょう。

また、弁護士費用特約がなく、特約で弁護士報酬をまかなうことができない場合でも、諦める必要はありません。法律事務所にもよりますが、弁護士介入後の示談金は増額したものの、弁護士費用を下回ることがあり、この場合に不足している分の金額を支払う必要がないとしているところもあります。そのほか、相談料着手金無料、料金後払い制、土日祝日にまで対応してくれる良心的な法律事務所もあります。